脱FUCK’IN製造機計画

うんこ製造機に付加価値をつける活動をしております。

肉体改造プロジェクト 421日目

お久しぶりです。ohisashi buri death.

 

いや~、どんどん更新スパンが開いてきてるよね。薄れてきてるよね。何かがね。

でも頑張って更新しちゃうぞーー。

 

というものの、421日目ですよ。400日超えちゃってますよ。その前に1年365日経っちゃってますよ。やばいですよ!そろそ成果見えてもいい頃あいだし、だいたい3カ月も続けてたら成果って出てくるじゃないですか!期待してもいいよね?

 

成果披露の前に、目標を復習。(正直忘れてた、復習させて欲しいごめん)

 

腹筋を4PACKにする(ま、まずは4PACKから・・)

横腹のぜい肉を落としてクビレをつくる

逆三角形ボディーになる

 

さあて、いってみよう!

 

 

 

 

 

 

f:id:komayayosiki0:20190721185147j:plain

おっと、これは前回の写真だ!

久しぶり過ぎて写真のアップの仕方を忘れちまった!PONNKOTSU!

相変わらず汚ねえww

 

 

 

 

 

 

 

お待ちかね!お待ちかねじゃなくても、お待ちかね!!岡地真理!!!

 

f:id:komayayosiki0:20190721185942j:plain

 

 

 

 

微妙。。。

若干スッキリしてるよね?!シルエットが。ちょっとだけ。たぶん。

 

 

 

 

めげへんぞ!がんばろ!

またちゃんと更新します。

ありがとうございました!

肉体改造プロジェクト 259日目

肉体改造プロジェクト。

久しく更新してないので

何日目かを確認するのが手間がかかる。

 

11月11日で176日目だから、

うーん、

と、、

めんどくさい。

こまめに更新しないとね。

 

259日目。

時間といものは絶対的に流れていく不可逆なもので、日数が増えていくにつれ、

日数の大きさに比例しない成果だと恥ずかしくなっていくものです。

というより、成果がないのなら、

①他の方法を試す、や

②他の要因を見直す

必要が出てくる時期かと思うんだよね。

 

さあ、そこで成果を見てみましょうか。

 

が、その前にまずは目標から振り返ってみましょう。

 

腹筋を4PACKにする(ま、まずは4PACKから・・)

横腹のぜい肉を落としてクビレをつくる

逆三角形ボディーになる

 

 

それでは目標との比較、現実を見てみよう。

 

 

 

f:id:komayayosiki0:20190203121214j:plain

f:id:komayayosiki0:20190203121229j:plain



どれもできてねえ・・・・

 

どれもできてねえや・・・

 

腹筋を割るにはカロリー制限も必要なんだよなあ。

スナック菓子は昔より控えるようになったけど、相変わらず食べたいものは食べている。ちょっとガマンしてみようかな。自制心もつくと思うし、セルフコントロール力もつくし。あれ、自制心とセルフコントロール力って一緒じゃね。かっこつけようとしただけじゃね。

 

逆▼形体型は肩幅、胸筋を鍛えないとだから、腕立て、懸垂、ダンベルで重点的にやるかだな。

 

あとは代謝をあげるためにもスクワットをしようかなっと。

 

こんなもんかな、まーたがんばろっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スラックスを買った話

こんばんは。

こんなブログ、誰も見てないだろうけど、お久しぶりの更新ですー。

 

さて、年末に買ったばかりのスラックスをアイロンで不覚にも溶かしてしまったので、

悲しさとやるせなさを感じつつ新しいスラックスの購入を決意(まだ2~3週間しか履いていないのに4千円の損失はつらい)

 

 

どれを買うか悩むのもめんどくさいから、同じのをまた買おうと思い

アイロンで溶けてしまったスラックスを片手にジャスコに寄ったのです。

 

 

「年末に買ったからもうないかもぁ」

 

などと思いつつ、売り場をウロウロ。

ちょっと見つからないなあ、どこかなあと探していたら、

 

「あった、あった、、」

 

と手にとり、手持ちのスラックスとの感触を確認しつつ、たぶんこれかなとレジに向かいました。

なんか微妙に色味が違うなっていう違和感はあったんだけど、洗濯して色落ちしたんだろうなあとか思ったんよね。

 

レジのおばちゃんに、これとこれ同じですかって聞いたら、なんかあまり慣れていない

感じがしつつも、タグをみて確認してくれたんよ。

 

「あ、同じです、」

 

 

「あ、じゃあこれと同じ裾直しでお願いします。」って会話をしたんよね。

 

 

色味が微妙に違うなぁっていう違和感はそこで解消もされず、ちょっと主張を弱めて僕の中におったんよね。

 

で、会計も終わって、何時間後かに取りに来て。

家に帰って、明日履くために袋からだして確認しようとしたら、

 

色がやっぱ違う。。。。

 

 

タグを確認したら、品番違うけど、カラーナンバーちがうやん。。。

 

 

てなって、そっから怒り心頭よ。

 

あのクソバババアアと悪態をつきまくる。

やっぱり、自信なさそうな店員はだめだわ。(自分も自信なくてだめ)

 

で、晩御飯のときに家族にこの話をしたら、それは災難だったねみたいなこと言われたり、もっと自分で確認できなかったのがよくなかったよね、みたいなこと言われたりした。

 

で、皿洗いしながらちょっと気づいたことは、

 

自分の中で「たぶんこれかな~」と確認もせず短絡的に考えてしまって、違和感も感じたのだけどコミュニケーションが苦手で会話をはやくおわらせたい僕は、店員さんへの念押しができなかった。そしてこのことにイラついているんだって、気づいたんよね。

 

で、それって、今までの自分にいっぱいあったことで、

 

自分変わってないなあ。

 

成長していないな。

 

と痛感してしまうからなんよね。

そういった自分が停滞しているという、変われないんじゃないかっていう感覚に苛まれたからなんよね。特に最近自分の環境に不満があったり、フラストレーションを感じる場面も多かったから。

 

でも、なんでこんなにイライラするのかってのがちょっとわかったていうのは、

すごいいいことだと思うんよね。

日常が雑多に過ぎて行って、感情も流していってるから、どうしてこんなに今怒ってるんだろうとかわからなくなっているんだよね。

 

起こったできごとや感情を細分化していって理解していくって作業が超大事だなっておもったわけ。

 

さらになんでこんな細分化できるまで、納得いく答えがわかったかというと、アウトプットしたからだとおもうんよね。

 

家族に話して、家族にもどうしてこうなりがちなんだろ自分。とか言ってるんだけど、

家族からのコメントにも納得がいってなくて、、

でもいつもは、家族にすら嫌なことがあっても、態度にはでてしまっていても口にはださなかったんよね(一番ウザくてめんどくさい奴)。

 

家族にもはなして、納得いかんくて、なんでだろうって思ったから、ちょっと考えて自分の納得のいく回答がわかったんよ。

 

どうしてそうなるんだろうって考えることは超大事。というのがこの記事で言いたいこと。そしてアウトプットも超大事。記事を書くでも、人に話すでもアウトプットするとき話が自分の中で整理できていないと上手く伝えられないんよね。このブログが上手く伝えられているかっていうと、まだまだ全然そんなことないと思うんだけど、上手く伝えられるようになるためにも継続は大事だな感じた。

 

 

 

 

『ボヘミアンラプソディ』を観てきたよ。

久しぶりの更新です。

 

昨日、映画館で観た来ました。

12月1日で千円で観れる日だということもあって、レイトショーでも人はそこそこ入ってました。

 

まず感想ですが、最後の曲、『we are the champion』が最高潮で、涙出そうになりました。

肉体改造プロジェクト 176日目

腹筋を4PACKにする(ま、まずは4PACKから・・)

横腹のぜい肉を落としてクビレをつくる

逆三角形ボディーになる

 

上の箇条書きは、私が当初掲げていた目標ですね。

日数だけが過ぎていく、日々の過ごし方としてはよろしくない無為な過ごし方をしている私ですが、久々に更新しようとしています。

 

10月20日を目標にしていたのを、有耶無耶にしてしまっている件は、

大変申し訳ないでしゅ。

目標は期限までに達成できていないのだけれども、途絶え、途絶えでも続けているので、近況をアップしまひゅ。

近況といいつつ二週間ほど前の写真なんだけれども。意識が低すぎるよう。

 

 

 

f:id:komayayosiki0:20181111225714j:plain

 

 

 

あいかわらすの汚さ。一応風呂の途中で撮ってるんだけど、洗われてる感が全くないの申告な清潔”感”不足だと思うんですが。

『マジック・イン・ムーンライト(Magic In the Moonlight)』を鑑賞・感想

お久しぶりになってしまいました。

 

 さて、Amazon Primeで表題の『マジック・イン・ムーンライト(Magic In the Moonlight 2014)』を鑑賞したので、その感想を書こうかなと。

 

 映画の感想をブログで書こうと思ったのは、自分は非常に口下手で内向的な人間で、頭の中が普段から整理されていなくて、思ったことをなかなかうまく伝えられないと感じることが多く、思ったことをうまく伝えるトレーニングが必要だなと感じたから。

 

 なぜうまく伝えられないのか、伝えたい事が薄いのかなと。実生活でも主張の強い社会生活は送ってきていなかったので。何も考えずに生きているなと。何かを感じてもそれを意識せずに流してしまっているなと。

 

 映画を見る意識もそれに近くなっている気がして危機感をちょこっと感じている。

 

 映画を観ることは、自分の生活の多くを占める趣味であるのだけれども、受動的に見てただの時間潰しになっている時や、感じたことをそのまま意識せずに流してしまっていることが多いなと感じたりする。

 

 そこで言葉としてアウトプットする癖をつけて、自分なりに社会と向き合おうと、少し大きい話になったりしています。

 

 前置きが長すぎる。書き始めると脱線することが多いのは、良し悪しなんだけどね。

さて、本題。今作はウディ・アレンWoody Allen)監督・脚本作。

 

 ストーリーは、1930年頃のヨーロッパ。コリン・ファース(Colin Firth)は成功しているマジシャン(手品師)で、幼馴染のマジシャン サイモン・マクバーニー(Simon McBurney)から、ある富豪の家にいる霊媒エマ・ストーン(Emma Stone)のトリックを見破って欲しいと依頼することから始まる。ラブコメディ。

 

 主演のコリン・ファース(Colin Firth)演じる主人公は、論理や合理性を重んじる、厭世的で皮肉屋な男性である。コリン・ファース(Colin Firth)は『英国王のスピーチ(The King's Speech 2010)』でアカデミー主演男優賞を受賞した英国を代表する演技派俳優である。

 

 『英国王のスピーチ(The King's Speech 2010)』は個人的にはあまりピンときてなくて、コリン・ファース(Colin Firth)よりも助演のジェフリー・ラッシュ(Geoffrey Rush)の演技の方がアカデミー賞級なのではと思ったりして、コリン・ファース(Colin Firth)の演技の凄さはよく理解できていない節があった。

 

 それと個人的には、デヴィット・フィンチャー(David Fincher)監督、アーロン・ソーキン(Aaron Sorkin)脚本の『ソーシャル・ネットワーク(The Social Network)』がめちゃくちゃ面白くて、その年のアカデミー作品賞はこっちが是非受賞して欲しかったのに『英国王のスピーチ(The King's Speech 2010)』が受賞しちゃったので、主演男優賞をとったコリン・ファース(Colin Firth)にもあまり良いイメージを抱いていなかった。(性格は悪いのそーいうとこ)

 

 『英国王のスピーチ(The King's Speech 2010)』歳を重ねてからまた観るとグッとくる映画なのかなと思ったり。

 

 あまり良いイメージを持っていなかった、コリン・ファース(Colin Firth)さんですが、印象がガラッとかわる作品に出会うのです。

 

 マシュー・ヴォーン(Matthew Vaughn)監督作『キングスマン(Kingsman:The Secret Service 2015)』。これは最高に楽しい映画でしたし、コリン・ファース(Colin Firth)を一気に好きになりましたね。インテリの印象があって、アクションの印象がない彼が見せるアクションは予想外に素晴らしかったのです。元々身長185cmでスタイル抜群なので、アクション映えはするのは当然なんだけど、すごい良かった。特にアメリカ南部?の教会でのアクションシーンはその年に見たアクションシーンでベストのカッコよさ、楽しさ。個人的には今年公開された続編より1作目のこちらが大好き。

 

それからは、コリン・ファース(Colin Firth)さん好きな俳優さんの一人になりましたね。『裏切りのサーカス(Tinker Tailor Soldier Spy 2011)』も最高でした。これはキャスト陣はほぼ全員最高!て感じの上質なサスペンス作品でした。

 

またまた話が逸れましたが、表題作に戻ります。

 

コリン・ファース(Colin Firth)さんの声は特徴的な声だと思うんですが、低くも高くも聞こえる声で、神経質な知的な声質だと思う。そこが今作の役ともマッチングしているのだと思う。

 

主人公のマジシャン、コリン・ファース(Colin Firth)は霊媒師のエマ・ストーン(Emma Stone)の見せるスピリチュアルな現象に疑念を抱きつつも、そのタネを明かせないことから、信頼し慕っている叔母のところに連れていき、そのタネを明かそうと画策する。が、叔母の過去を言い当てられ、すっかりエマ・ストーン(Emma Stone)を信じてしまう。

 

「合理的な人間が 非合理を信じれば 正気を失う」とセリフを吐くように、論理性を重んじ上から目線が鼻につく男が、さんざん馬鹿にしていたものに驚嘆し傾倒していくさまはコミカルでどこかスッキリする場面である。こういった場面は色々な作品で見られ特にコメディで多いが、今作はコリン・ファースの憎たらしいがどこか憎みきれない役作りが面白さを引き立てているのだと思うし、ウディ・アレンの巧さなのかなと思ったり。

 

自分は、合理的に考えられないし論理性もないのだけど、合理的で論理的な人が言うことが好きである(主観が入るのでその人が本当に合理的。論理的な判断はできていないと思う)ので、コリン・ファース言うことは正しいと思うし、エマ・ストーンのことを早く暴いてくれと思って映画を見てるのである。

 

ところが、コリン・ファースは逆にエマ・ストーンの方を信じてしまうのである。

少しがっかりしながらも、まあこのコリン・ファースはこれはこれで面白いのでいいかとみていくのである。

 

 

 

 

 

 

 

肉体改造プロジェクト102日目

大変ご無沙汰になってしまっていたんですが・・・・

更新をします。

 

8月20日を目途に目標を立てていたのですよ。

以下の3点です。

 

腹筋を4PACKにする(ま、まずは4PACKから・・)

横腹のぜい肉を落としてクビレをつくる

逆三角形ボディーになる

 

もうすでに8月29日なんですが・・・

一応成果発表をさせてもらいます。

f:id:komayayosiki0:20180829182312j:plain

 

だらしねええ!

きたねえええ!

 

まあ現実はこんなもんだな。

一応、言い訳をさせてもらうと、17日に酒の呑み過ぎでゲロ on the ゲロをしまして、

その翌々日に海釣りに行きまして、火傷に近い日焼けをしまして、

熱中症?になりまして、その翌日はずっと下痢を垂れ流し、

その翌日は口唇ヘルペスを発症し、もしかして性病なんじゃ??と不安になったり、

そんなはずねえわーと気楽になったりで、筋トレをする余裕がなかったわけなのです。

 

当然体力も落ちて、これからまた戻していこうかと思うんですが、

下手に筋トレすると、ヘルペスが悪化したりと、体を動かせてないんですよね。

 

改めて、体を見るともやしっ子感がはんぱないっすね。

先日M:I FALLOUTを鑑賞したんですが、55歳くらいのトム・クルーズがめちゃめちゃ体張ってスタントアクションしてるわけですよ。

そりゃあもう、張り切っちゃいますよね。

 

また、わたしゃあ、がんばりますよ。

新たな再スタートということで、10月20日を目標にがんばるかと思います。

プロジェクトは続くよ、どこまでもー。